ダイナミックテスト

アクセル・ブレーキロボット

CBARシリーズ

CBARはブレーキロボットとアクセルロボットを一体化させコンパクトにしたロボットです。
2つのペダルを制御するために一台のサーボ装置を使って、制御を行っています。
オプションの安全ブレーキ起動装置を追加する事で無人操作テスト・システム(DTS)に使用する事が出来ます。

ARシリーズ

ARシリーズアクセルペダルロボットは、車両のスロットルペダルに入力をするように設計されており、それらのアプリケーションとして

  • クローズドループ車両スピード制御
  • ハンドリング特性計測
  • 一定速での車内NVH計測

アクセルロボットは単体での使用だけでなく、ABDのステアリングロボット、ブレーキロボット製品と組み合わせて使用することも可能です。車両のダイナミックテストのために、ABDの他のロボットと連携して使用する場合には、正確で再現性の高いステアリング、ブレーキング、スロットルの制御が可能となります。

アクセルロボットの取り付けを簡単迅速に行うために、様々な装着アレンジが可能です。


BRシリーズ

ABDのブレーキロボットは、ブレーキ特性やハンドリング特性の計測のために、車両のブレーキペダルに対して動作するように設計されています。典型的な例としては、ブレーキペダルにステップ状またはランプ状の力、あるいはペダル位置情報を加えます。加速度計をフィードバックに使用される際には、車両の減速制御に使うこともできます。
ブレーキロボットは外部データロガーと共に使うこともできますし、あるいは車両内に設置する機器類を最小限にするために、搭載している多チャンネルキャプチャーとしても使用できます。ABDのステアリングロボットと連携して用いられるケースでは、ブレーキング・イン・ア・ベンド試験において正確で再現性のあり、且つブレーキングおよびステアリング動作が同期したテストの実行が可能です。

BR1000

BR1000BR1000は最大速度600mm/sで1400Nの力をブレーキペダルに加えることができます。

RBR1500

RBR1500RBR1500はコンパクトなアクチュエータの中に優れた制動力を秘めており、極度にアグレッシブなブレーキテストが必要なお客様に最適です。1m/sを超える速度で、ブレーキペダルに1500Nを超える力を加える能力があります。ブレーキのフェードテストに適しています。


ブレーキロボットの力/速度曲線

アクセルロボット

AR1:
最大力: 150N
最大速度: 300mm/s
最大ペダルストローク: 130mm

CBAR:
最大スロットル力: 200N
最大スロットル速度: 750mm/s
最大スロットルストローク: 125mm

上記は、標準長のレバーアーム使用時の値です。アームが長いと速度とストロークは大きくなりますが力は小さくなり、短いと力は大きくなりますが速度とストロークは小さくなります。

 

 

 

AB Dynamics MF Japan

〒231-0023 横浜市中区山下町252グランベル6階F
TEL : 045-663-2869
FAX : 045-663-2879
E-mail : info@abd-mf-jp.com

Copyright ©.AB Dynamics MF Japan all rightsreserved