ダイナミックテスト

無人運転システム

無人運転システム

無人運転テスト・システム(DTS)は、テストドライバーの代わりにロボットを用いて、高速走行テストの正確な車両制御が可能です。
テストドライバーへの危険性があるテストを安全に実施するために、世界中のABDロボットユーザーが利用しており、ADAS開発、車両誤用テスト、耐久性テストなどに利用されます。
ギア・ロボットとクラッチ・ロボットを追加する事で、マニュアル車での自動運転も可能です。
DTSはABDのパスフォローイングの技術を応用しており、ロボットが位置・速度・時間・経路に沿って車両をコントロールします。
車両の位置のフィードバックは、モーションパックによる最高精度1cmの正確な位置情報を利用しています。
車両の状態をモニターするのにABDのDuramonソフトウェアを使用し、無線通信により基地局から車両を監視します。
無線通信により車を安全に停止させるために、安全に影響するシステム要素のすべてを監視し、万が一電源が断たれた場合でも緊急停止用ブレーキアクチュエーターにより車両を停止させることができます。
また、ユーザーはベースステーションから車両の緊急停止も可能です。

ABDの自走車両テスト

  • 2台の車両を同期させた無人運転
  • ハンドリングテスト
  • 悪路耐久試験

 

 

 

AB Dynamics MF Japan

〒231-0023 横浜市中区山下町252グランベル6階F
TEL : 045-663-2869
FAX : 045-663-2879
E-mail : info@abd-mf-jp.com

Copyright ©.AB Dynamics MF Japan all rightsreserved