ダイナミックテスト

無人運転システム

無人運転システム

無人操作テスト・システム(DTS)は、ロボットを駆動して正確で高速テストが車両で人間のドライバーなしで運転可能です
テストドライバーへの危険性があるテストを実施するために、世界中のABDロボットユーザーが利用しており、ADAS開発車両不正使用テストと耐久性などに利用されます。
ギア・ロボットとクラッチ・ロボットを追加する事で、マニュアル車での自動運転も可能です。

DTSはABDのパスフォローイングの技術を応用しており、ロボットが位置・速度・時間・経路に沿って車両をコントロールします。
車両の位置のフィードバックはモーションパックにより精度2cmの正確な位置情報をGPSを利用しています。
乗り物の状態をモニターするのにABDのDuramonソフトウェアを使用し無線通信により基地局から車両を監視します。
無線通信により車を安全に停止させるために、安全に影響するシステム要素のうちのすべてを監視し、電源が断たれた場合でも第2のブレーキアクチュエーターにより車両を停止させる。
ユーザーはベースステーションから車両の緊急停止も可能です。

ABDの自走車両テスト

  • 2台の車両を同期させた無人運転
  • ハンドリングテスト
  • 悪路耐久試験

 

 

 

AB Dynamics MF Japan

〒231-0023 横浜市中区山下町252グランベル6階F
TEL : 045-663-2869
FAX : 045-663-2879
E-mail : info@abd-mf-jp.com

Copyright ©.AB Dynamics MF Japan all rightsreserved