ダイナミックテスト

AEB試験 歩行者ターゲットシステム

3種類の制御モードで動作させることが出来ます。

モード1:レーザートリガ

歩行者ターゲットシステムの動作は光線により車両が光線を超えた時に作動します。
試験車はドライバー若しくは(精度を高める為に)ロボットで制御します。
歩行者ターゲットシステムのスピードプロファイルはテスト要件によって事前定義されます。
(その他必要装置:レーザー)

モード1:レーザートリガ

モード2:GPS時間同期を使用してロボットと同調

車両はステアリングロボット(パスフォロイングと共に)・ペダルロボットを使用し、正確な位置と速度制御を行います。
車両と歩行者システムの動作はGPS時間トリガを使用し開始します。
試験要件に応じて車両と歩行者システム間で同期する為に、軌道と速度指令は事前に定義されています。
(その他必要装置:ABDのロボット、GPSモーションパック、GPS時計)

モード2:GPS時間同期を使用してロボットと同調

モード3:同期モーション

歩行者のスピードと位置をリアルタイムで調整する為に、車両からのGPSデータによるABDのシンクロシステムを使用します。
よって、ドライバーは進入経路をたどり、歩行者システムのコントローラーは横方向および時間誤差を修正し、ユーザーご希望のシナリオ(試験)を正しく行います。
(その他必要装置:シンクロソフトウェア、GPSモーションパック、GPS時計、シンクオムニ)

モード3:同期モーション

歩行者ダミーによる飛び出し-追突試験

 

 

 

AB Dynamics MF Japan

〒231-0023 横浜市中区山下町252グランベル6階F
TEL : 045-663-2869
FAX : 045-663-2879
E-mail : info@abd-mf-jp.com

Copyright ©.AB Dynamics MF Japan all rightsreserved